サービス 法人研修事業

スクール事業 スクール事業

トップ企業のリーダーが選ぶIT研修サービス

インターネット・アカデミーは、ITビジネスの最先端国家であるアメリカと世界のIT人材供給国として名高いインドに拠点を持ち、それぞれで得た情報をカリキュラムに還元しています。さらに日本で培ってきたIT教育事業のノウハウを組み合わせ、クライアントの人材育成とビジネス課題の解決をトータルサポートします。

業界のリーダーたちから認められた豊富な研修実績

次代を見据えた企業の人事担当者やトップリーダーに選ばれ続けてきた実績が、何よりのインターネット・アカデミークオリティの証明です。

研修事例一覧(順不同)

NTTコミュニケーションズ(株)/(株)博報堂アイ・スタジオ / 楽天カード(株)/ オリンパス(株)/ アドビ システムズ(株)/ カシオ計算機(株)/ 凸版印刷(株)/(株)小学館 / 有限責任監査法人トーマツ / JR東日本ネットステーション(株)/(株)東急ハンズ / 出光興産(株)/ パーソルプロセス&テクノロジー(株)/ アットホーム(株)/(株)日本デザインセンター /(株)電通デジタル /(株)ベルメゾンロジスコ / ANAファシリティーズ(株)/(株)島精機製作所 /(株)東北新社 / 中電技術コンサルタント(株)/ プレミアアンチエイジング(株)/ 全研本社(株)/(株)フォーカスシステムズ / みらいコンサルティンググループ /(株)JMC /(株)ウフル /(株)JALUX / GMOペパボ(株)/(株)ボルテージ /(株)ベネッセコーポレーション / 住友セメントシステム開発(株)/(株)LIFULL /(株)堀内カラー / SivanS(株)/(株)エイチ・アイ・エス /(株)ジールキャリア /(株)アパレルウェブ / オールアバウト(株)/ アイティメディア(株)/ 東日印刷(株)/ ESK(株)など

世界最先端技術を
カリキュラムに

世界の最新技術の標準化や人材育成をリードする業界団体・有識者の方々のネットワークから得た技術情報やノウハウをカリキュラムに還元しています。インターネット・アカデミーでしか学べない最新カリキュラムです。

AI講座

近年、経営課題として挙げられている人材不足の解決や働き方改革の推進を行うべく、「AI(人工知能)」を活用する企業が増えています。この講座は、Pythonプログラミング知識が既にあり、AIの導入に関して興味がある方を対象にしています。この講座を受講して頂くことで、AI活用の全体像を把握し、短期間で今話題の機械学習(マシンラーニング)や深層学習(ディープラーニング)の実装ができるようになります。

IoT講座

先端IT技術として注目を集めているIoT。この講座では、IoT製品を制御するための国際規格である「ECHONET Lite」を用いたIoTアプリケーションの開発を行います。設計やプログラミング、ネットワークなど、アプリケーション開発に欠かせない知識を基礎から学習します。授業ではアプリケーション開発の実習を行い、実際のIoT対応機器を制御することができます。

エコーネットコンソーシアムが主催する
「技術セミナー検討 ワーキンググループ」のアドバイザーに弊社代表が就任

AIと並んで注目されている先端IT技術「IoT」により、モノをインターネットにつないで新たな社会を作ることが期待されています。
この度、IoT技術の普及活動を行う一般社団法人エコーネットコンソーシアムが主催するワーキンググループのアドバイザーに弊社代表取締役の大西一磨が就任いたしました。

エコーネットコンソーシアムは、国際通信規格「ECHONET Lite」を広める団体です。これは、IoTで家電などをインターネットを通じてPCやスマートフォンとつなげられる技術です。

本ワーキンググループでは、ECHONET Liteの教育や普及活動を行い、全ての人とモノがつながる新しい社会「Society 5.0」を作ることを目指しています。

産学官連携プロジェクト

最先端技術の普及活動および人材育成の領域において、日本政府の次世代技術検討会や戦略センターにインターネット・アカデミーのインストラクターが参画しています。

縦書きWebアワード 縦書きWebアワード

Beyond 5G 新経営戦略センター

インターネット・アカデミーは、総務省が2020年12月11日に創設した「Beyond 5G 新経営戦略センター」に参画いたしました。本センターは5G(第5世代移動通信システム)の次の世代であるBeyond 5G(いわゆる6G)の実現に向けて、導入時に見込まれるニーズや技術進歩などを踏まえた総合戦略の策定を目的に設立されました。具体的には、6G関連技術の国際標準化や知財取得を推進するため以下のような活動を実施予定で、その中でインターネット・アカデミーはIT専門の教育機関として、主に人材育成を担います。

縦書きWeb普及委員会

インターネット・アカデミーは、総務省が後援する「次世代Webブラウザのテキストレイアウトに関する検討会(縦書きWeb普及委員会)」の一員として、自国文化の継承とデザインの多様化を目的として縦書きWebの活動を実施し、15年の歳月をかけて2019年末に縦書きWeb技術を国際標準化いたしました。その貢献により、情報通信技術賞(総務大臣表彰)の受賞となりました。

インターネット・アカデミー