close close
有滝 貴広 有滝 貴広
INTERNET BUSINESS JAPAN

教育の新規ビジネス開拓が、 私のミッション

インターネット・アカデミー 
データサイエンティスト

有滝 貴広
早稲田大学卒業 
2005年入社

IBJ新卒採用トップ > PEOPLE > 有滝 貴広
TAKAHIRO
ARITAKI
INTERVIEW 01
有滝 貴広 有滝 貴広

部署の立ち上げから
チャレンジ

私はインターネット・アカデミーの計画推進局に所属し、日本の本社と海外とを繋げてスクールビジネスをグローバルに展開したり、新規のビジネスを創っていくことをミッションとしています。

実は、この計画推進局という部署は、私自身が新卒で入社して半年経ったころに立ち上げ、以来ずっと責任者を任せてもらっています。勝手がわからないままでの部署立ち上げだったので困難も多かったのですが、経験がなくてもさまざまなチャレンジをさせてもらえたのが非常に嬉しかったです。

当初から、多くの大手企業や大学などと連携し、質の高いカリキュラムを作ることなどに尽力してきましたが、今では一緒に働く仲間もパートナー企業も増え、さらにチャレンジが国内だけでなく海外にまで及ぶようになりました。

人が新しい仕事に挑戦し続けるためには、"自分の仕事はこの範囲まで"と決めつけず、"どんな仕事でも自分が担当する"という気持ちでいることが重要です。私は、チャレンジするチャンスや環境を最初から与えてもらったからこそ、その気持ちを持ち続けることができました。今度は自分が部下たちにその環境を用意しなければと日々考えています。仲間が日本にいても海外にいても、のびのび活躍できるように全力でサポートする、というのが、今の私の使命なのです。

INTERVIEW 02
有滝 貴広 有滝 貴広

10失敗しても
1成功すれば良い

「結果」はもちろん「挑戦」が評価されるため、社員1人1人がやりたいことの実現に向けて積極的に取り組んでいますし、それが自分にとっても良い刺激になっています。"10失敗しても1成功すれば良い。まず行動しよう"と入社して間もない頃に上司に言われたことを今でも覚えています。

スクールのWebサイト制作をはじめ、広告業務や商品開発、基幹システムやネットワークの構築など幅広い業務を今日まで担当させてもらい、会社の運営全体を俯瞰した状態で見れるようになりました。経営者視点で仕事をしたい人、自身の成長を飛躍的に速めたい人には適した職場です。

世界各国から
優秀な人が
集うスクールに

IT技術を習得するために世界各国から優秀な人が集うスクールを創りたいと考えています。初心者からでも短期間で様々なリーディング企業で活躍できる、そのような教育を目指します。そもそも日本は資源がない国なので他国と勝負するには頭脳、つまり付加価値を創造する人材の育成が必須になりますし、我々が最先端のIT/Web技術を提供し、業界を牽引できるようになれたらと考えています。

有滝 貴広

学生へのメッセージ

"日本で初めてか、唯一か、最高か、最大か、最先端のことに取り組む"、これがIBJの理念です。私は、他人と同じことをやるのが嫌いです。「非常識」という挑戦、これこそが世間の常識を覆し、新しいビジネスを創るために必要なものだと私は信じています。だからこそ、何か新しいことにチャレンジしたい、革新を起こして世界を変えたい、そんな志を持った人と一緒に仕事ができることを楽しみにしています。ここには、それを実現する環境があります。

有滝 貴広
ENTRY