採用情報 社員紹介

「働いている」喜びが
持てる職場

インターネット・アカデミー
インストラクター

有村 克己

関西学院大学卒業 2015年入社

  • 自分達で組織を作り上げていきながら仕事をしたい

    教育業界で働きたいという思いはありましたが、実は最初からIBJに強い志望があったわけではありません。ただ、面接で面接官の方からIBJならではの多様な働き方の話を聞くうちにどんどん興味が湧いてきて、その気持ちのふり幅の大きさに自分でも驚きました。一番の入社の決め手となったのは「実働感」があるところです。私は、どうせ働くなら“働いている”という意識が欲しいと思っていました。それならば、最初から組織の形が出来上がっている大手ではなく、自分達で組織を作り上げていき、実働感を感じながら仕事をしたい、それにピッタリなのはIBJだと感じたのです。

  • 人を教えることへの責任感

    人を教えることへ責任感を持っている人が多く、教育への意識が高い会社です。それはお客様へ対してだけではなく、社内においても同じで、私が何か困っていたら、どの先輩も手放しで教えてくれます。また、業界の中でも第一線で活躍しているような人たちが、会社を自分達の力で大きくするという意識を非常に強く持って仕事に取り組んでいるので、その姿勢にはいつも刺激を受けています。

  • 全員で世界を股にかけて仕事をしたい

    IBJは、若いうちから型にはまらず様々な部署と仕事を経験できるのが魅力の1つです。まずはいろんな部署を経験し、自分に合った仕事を見つけたいと思っています。その根底には、自分には能力で人よりも特別に秀でたものがないと思っているので、これからの社会人生活の中で、社会からお金を得て、社会に影響を与えているんだという自信が持てるものを見つけたいという思いがあります。

    たとえば、私の同期には英語ができる人がたくさんいます。それに比べると私の英語力はまだまだですが、仕事で結果を出し「有村なら安心して海外で仕事をさせられる」、そう周りから信頼されるような人材になりたいと思っています。

学生へのメッセージ

私は就職活動を通じて、自分の行動原理を探るようにしました。自分がどういうときに一番笑い、どういうときに一番怒るのか。そしてどんなことに一番ときめくのか。それを考え抜いたことが良かったと思っています。面接は企業から選考される場でもありますが、自分が企業を選考する場でもあります。
私は、すごくがんばっている人に対し、自分がサポートをすることで、その人が本来持っている能力以上のものを発揮することができたときに心がときめきます。色々な会社を納得がいくまで“逆選考”して、私と同じように思える人は、ぜひIBJの選考を受けてみてください。

ENTRY IBJ Recruitment