close close
ENTRY
INTERNET BUSINESS JAPAN

ENTRY エントリー情報

IBJでは、1年目社員から社長までが、面接官として
皆さんとお会いします。選考基準はただひとつ。
「自分のライバルかどうか」ということ。

エントリー情報 Entry Information

IBJは一人一人の成長が、ダイレクトに会社の成長に繋がる環境であり、規模です。
では個々人の成長速度を2倍、5倍、10倍とするためには、どうしたらいいでしょうか。
私たちは切磋琢磨しあえるライバルがいる環境こそ、成長の速度を速める為に最も適した環境であると考えています。

「こいつと張り合うのは面白そうだ」
「あっという間に抜かれそうで恐い」

そう感じさせる人を採用することが、今いる社員の成長速度を更に加速させ、ひいてはIBJという企業の成長速度をも速めることにつながるのです。
従って、面接で皆さんに投げかける質問は各面接官によって異なります。

大きな夢や目標に向かって弛まず努力を続けられる人、人とは違ったアイデアを出せる人、「私がやらなければ誰がやるんだ」という責 任感の強い人、論理だっ た思考展開が出来る人、誰よりも早く成長したいと考えている人…お会いする面接官によって、「自分のライバルだ」と認める要素は多種多様です。
ぜひ皆さんの「強み」、そして「考え」を面接官に余すことなく伝えてください。
そして、皆さんには「面接」という機会を、ただご自身の“アピールの場”で終わらせるのではなく、IBJという企業を面接する機会にしていただきたいと思っています。
なぜなら、私たちは採用活動(皆さんにとっては就職活動)の中で、学生と企業の立場は対等である、と考えているからです。昨今、「就職難」と各メディアが報じ、採用する企業側の優位を皆さんも感じていらっしゃるかもしれません。

ですが私たちは、最初の説明会から最終面接まで、お会いさせていただく機会は全て、皆さんによって選考される機会である、と考えています。面接官含めて、お会いする社員一同、その場で皆さんの選考を受けている、という気持ちで挑んでいます。

今向かい合っている面接官が、自分のライバルとして相応しいのか、一緒に働きたいと思える人物なのか―そんな厳しい視点で私たちのことも「面接して」下さい。
そして、ぜひ一人でも多く、お互いに「ライバルだ」「切磋琢磨しあえる仲間だ」と認め合える方とお会いしたいと思っています。

それでは、実際にお会いできる日を社員一同、楽しみにしております。

インターネット・ビジネス・ジャパン株式会社
人事 鍛治 直也 (かじ なおや)

Application Requirements Application Requirements

Application Requirements

募集要項

IBJで募集中の職種や募集内容に関する情報はこちらからご覧ください。

Entry form Entry form

Entry form

エントリーフォーム

IBJで募集している全職種について、エントリーフォームよりご応募を受け付けております。

エントリーフォームへ